2016シーズン RALLY TEAM参戦/体制発表

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_001■ 2016年、mCrtは『4° RALLY DI ROMA CAPITALE』にチャレンジします!

目次

■ RALLY DI ROMA CAPITALE(ローマラリー)とは
■ 全日本ラリーについて
■ 参戦体制について
■ 『個人パートナー』の募集について
■ 『個人パートナー』のお問い合わせ先 / お申し込みフォーム

■ RALLY DI ROMA CAPITALE(ローマラリー)とは

イタリアナショナル選手権は “世界一レベルの高いナショナル選手権”としてラリーファンの間では有名ですが、その中でも今最も話題にあふれる大会がこの“RALLY DI ROMA CAPITALE(通称:ローマラリー)”です。
開催回数は2016年で第4回目と、名だたる他のイタリアナショナル選手権ラリーに比べ歴史は浅いですが、イタリアの首都であると同時に世界有数の観光都市でもあるローマの市街地をラリーカーが走り抜けるという圧巻のシチュエーションを武器にした観客動員数やメディア露出度の高さなどから、イタリアのラリー関係者の方々は〝今出るならここ!〟と口を揃える1戦です。
2015年の大会の開催概要によれば、ローマラリーは3日間にわたり、主にローマ近郊の山岳ステージで行われるターマック(舗装路)ラリーです。
ラリーのセレモニアルスタートそしてSS(スペシャルステージ)1は2万人もの観客を収容する“コロッセオ・クアドラート”前の広場で行われ、ローマ市街地のパレードランを経たのち、本格的な山岳ステージにて勝負を決するSS距離合計158.5kmのラリーとなります。
出場選手はトップカテゴリーであるFIA R5車両クラスに、かつて2006年と2009年にFIAT Grande Punto ABARTH S2000を駆りヨーロッパチャンピオンを獲得した、Giandomenico Basso選手(Ford Fiesta R5)、イタリアナショナル選手権を通算9度制している“イタリアラリー界のレジェンド” Paolo Andreucci選手(Peugeot 208 T16)などのイタリアの国民的ヒーローたちが名を連ね、二輪駆動のマシンで争われるクラスにおいても、Renault Clio R3, Twingo R2 やPeugeot 208 R2などのマシンを駆る“イタリア地元スペシャリスト”のハイレベルの争いとなり注目度が高い大会です。

開催期間:2016年9月22日-25日

場所:ローマ(イタリア)

公式HP http://www.rallydiromacapitale.it/

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_005

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_021

 

 

 

■ 全日本ラリーについて

4° RALLY DI ROMA CAPITALEは9/22-25に開催されるため、2016年シーズンは開幕戦の唐津、モントレーの2大会へ参戦します。
4° RALLY DI ROMA CAPITALEを見据えたセッティングでABARTHの本領を発揮させます。

Rd.1 ツールド・九州 2016 in 唐津:4/8-10
Rd.6 モントレー 2016 in 群馬:8/26-28

全日本ラリー公式HP http://www.jrca.gr.jp/
da9d3c1d-9e99-457d-a2ef-fc54ce1d23f3

 

■ 参戦体制について

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_006

 

ドライバー:眞貝 知志(Tomoyuki Shinkai)
2012年全日本ラリー選手権JN-3(当時)クラスチャンピオンという実績を引っ提げ2014年よりmCrt所属ラリードライバーとして活躍。
2015年にはFIA R規定車両であるABARTH 500 Rally R3Tを全日本ラリー史上初のクラス優勝に導き、年間で最多のSSベストタイムを奪取した”国内最速のサソリ遣い”。
ドライバーとして感じ取ったマシンの挙動をエンジニアリング観点から論理的かつ平易な言葉で表現するレクチャー能力も活かし、ABARTH Driving Academyでもメインインストラクターとして活躍中。
ABARTH Driving Academy
http://www.abarth.jp/scorpion/the-expert/4795
戦歴
・2002年 ラリー本格参戦開始 JMRCアクアラインラリーシリーズ(Bクラス):シリーズチャンピオン
・2006年 近畿中部ラリー選手権(DE-Bクラス):シリーズチャンピオン
・2007年 全日本ラリー選手権(JN-2クラス)参戦:初年度最高順位3位
・2009年 全日本ラリー選手権(JN-2クラス):初優勝を達成
・2010年 全日本ラリー選手権(JN-3クラス):シリーズ2位 / ターマックラリー4戦全勝を達成
・2011年 全日本ラリー選手権(JN-3クラス):シリーズ4位
・2012年 全日本ラリー選手権(JN-3クラス):シリーズチャンピオン
・2015年 全日本ラリー選手権(JN-5クラス):シリーズ3位(優勝回数:2回)

 

Rd.1 ツールド・九州 2016 in 唐津 コ・ドライバー

mCrt_ando_abarth
安藤 裕一 Yuichi Ando
今、日本で最も成長著しいコ・ドライバー。
自らもドライバーとして中部地区戦などにエントリーする傍ら、コ・ドライバーとしては2014年にTRDラリーチャレンジ(現:TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ)E-2クラスでチャンピオンを獲得し、2015年にはスポット参戦ながらも全日本ラリーデビューを果たした。
今回、そのキャリア構築の勢いが認められてmCrtコ・ドライバーに抜擢、最激戦区となるJN-5クラスでの開幕戦優勝を目指す。

 

 

 

Rd.6 モントレー 2016 in 群馬 コ・ドライバー
4° RALLY DI ROMA CAPITALE コ・ドライバー

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_007
漆戸 あゆみ Ayumi Urushido
2001年関東ラリーシリーズにてラリーデビュー、翌年の2002年には全日本にステップアップをして現在に至るまで全日本を主戦場としている。2006年世界ラリー選手権 ラリージャパン N2クラス優勝。2012年には眞貝選手のスポットコドライバーとして参戦し全SS制覇優勝の活躍でチャンピオン獲得に寄与した。
ラリー界の新星、新井大輝選手をはじめとした数々の国内一流の選手との出場経験を経て、2015年からmCrtに所属。ABARTH 500 Rally R3Tのコドライバーシートから眞貝選手との抜群のコミュニケーションを発揮し、FIA R規定車両の全日本ラリー史上初優勝という快挙達成に貢献した。

 

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_021

 

 

 

CAR DATA:ABARTH 500 RALLY R3T(全日本ラリー)
mCrt_ABARTH_hiland2015_r_006Team Factory DATA(全日本ラリー)

841e6777-59d3-4b1e-b034-0e105a5766cd名称:エスアールエス
代表:金子 敏邦
本拠地:〒473-0908 愛知県豊田市宝町玉泉80-2

 

CAR DATA:ABARTH 500 RALLY R3T(4° RALLY DI ROMA CAPITALE)

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_008

※カラーリングは変更となります。

 

Team Factory DATA(4° RALLY DI ROMA CAPITALE)

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_009名称:SPORTEC engineering
代表:Stefano Costa
本拠地:Via Piani, 18/b 17043 Plodio (SV) ITALIA

 

■ 2016年シーズン、mCrtでは『個人パートナー』を募集します!

〝Challenge〟こそが
2016年 mCrtのテーマ。
全日本ラリーから世界の舞台へ。

ABARTHを愛するmCrtは
ABARTHの故郷、イタリアのラリーにチャレンジします。
ルーフにお名前を掲載し個人スポンサー様と一緒にローマラリーを戦いたく思っています!
ご賛同のほど宜しくお願い致します。

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_003

皆さんこんにちは!mCrtラリードライバーの眞貝です。

mcrt_abarth_151012_0022014年からABARTH 500 Rally R3TというFIA R規定車両を日本で初めて走らせる大役を仰せつかり、そして2015年にはその車両を全日本ラリーで初優勝させるという結果を残すことができました。

その間、ABARTH DRIVING ACADEMYをはじめとする多くのイベントでABARTH、そしてABARTHを愛するオーナーの皆さんの魅力に触れ、今では自らABARTHオーナーとなってサソリの毒に満ちた幸せなカーライフを過ごしています。

僕自身のラリードライバーとしての最終目標は、かねてからずっと”ターマック(舗装路)ラリーの本場であるヨーロッパで戦いたい”ということでしたが、この度、チームとともにABARTHの故郷でもあるイタリアのラリーに挑戦するというプロジェクトを立ち上げることができました。

”世界一レベルの高いナショナル選手権”と言われるだけあって、もちろん最初からすべてうまく行くなんて思っていません。
きっと、1年目は文字通りの”返り討ち”にあって帰ってくることでしょう。

けれども、全日本ラリーを通じて培ってきた実力を基に、現地での戦い方のノウハウを積み上げていけばきっと”優勝”という結果も不可能ではないと信じ、”ホンキで”戦ってこようと決意しています。

僕らは今後も日本での活動をおろそかするわけではありません。
イタリアでの苦楽を日本の皆さんと共有体験し、そして日本の素敵なクルマ文化をしっかりとイタリアにアピールして、両国のクルマ文化の懸け橋になっていきたいと思っています。

上記のとおり、このプロジェクトは決して記念受験のような単発の取り組みではなく、2年3年、、としっかりと経験を積み上げていかないと成就しないものです。
そのためには、是非皆さんの応援が必要です。
眞貝&mCrtの大きな挑戦に、是非お力をお貸しください!

■ 個人パートナー概要
個人パートナー様から集めさせていただきました資金は、2016年のmCrt ラリーチームの活動のみで使用させていただきます。

開幕戦のマシンにステッカーを貼るためには
3月31日までにご入金が確認ができた方となります。
お申し込みいただきましてから、当チームの方からご連絡を差し上げますため少々お時間を要します。
そのため3月29日(火)くらいまでを目処にお申し込みいただけますと幸いです。

1万円コース(税込)
特典:ステッカー+mCrt partnerを証明された名刺(100枚)を贈呈します。
☆自動車メーカーも採用している制作方法のステッカーです。
耐候性に高く、車両に貼ることができます。
mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_018※サイズ:w120×h37mm(非売品)

スクリーンショット 2016-03-04 11.05.20※お名前、ご住所、ご連絡先の記載事項はパートナー様の意向に合わせて製作します。(非売品)

 

3万円コース(税込)
特典:1万円プラン+左側のサイドルーフにお名前(w60mm程度)を貼らせていただきます。

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_017※掲載場所は変更になる場合がございます。

 
5万円コース(税込)
特典:1万円プラン+左側のサイドルーフにお名前(w90mm程度)を貼らせていただきます。

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_017※掲載場所は変更になる場合がございます。

 
10万円コース(税込)
特典:1万円プラン+左側のサイドルーフへのステッカー(w150mm程度)+サーキットテストご招待(美浜サーキット、YZ東コース、幸田サーキットのいずれかのサーキットでテスト時に助手席で眞貝選手のドライブを体感いただけます。)
※サーキットまでご自身で来られる方となります。
日程は要調整。

mCrt_ABARTH_20150820_003

 

30万円コース(税込)
特典:1万円プラン+左側のサイドルーフへのステッカー(w 200mm程度)+眞貝選手のサーキット走行プライベートレッスン
※サーキットの走行費、移動などの経費は実費請求させていただきます。
※パートナー様ご自身の車で実施となります。
※mCrtが活動する東海地方のミニサーキット。
あるいは、mCrt 主催オートテストご招待(交通費・宿泊費は参加者実費)
※オートテストとは→http://www.jaf.or.jp/msports//msinfo/image/ms_news268.pdf

mCrt_abarth_RALLY DIROMACAPITALE2016_013

■ 個人情報の取り扱いについて
2016年の個人パートナーシップにおきましていただきました個人情報は、2016年の個人パートナーシップのみに使用させて頂きます。

■ お問い合わせ先 / お申し込み

■ お問い合わせ先
担当:mCrt Rally Team マネジャー 横田 健志(ケンジ)
ご連絡先:rdrc@mcrt.jp

■お申し込み
以下のフォームよりお申し込みください。





■お申し込みコースをお選びください(必須)

複数口お申込みをご希望の場合は、あらかじめ事務局にお問い合わせ頂くか、申し込み手続きを複数回実施していただけますようお願いします。

お名前 (必須)

お名前のローマ字表記 (必須)

※特典のカードに記載されます。

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※rdrc@mcrt.jpからメールが届きます。必ず受信できるように設定をお願いします。

郵便番号『ハイフン無しでご入力ください』 (必須)

都道府県 (必須)

市区町村 (必須)

それ以降の住所 (必須)

■当サイトの「special thanks2017」のページにてお名前(本名あるいはハンドルネーム)を掲載させていただいてもよろしいでしょうか?(必須)
OKNG

掲載OKの場合、掲載名をご入力ください

※OKをチェックされた方でご入力がない場合は本名にて掲載させていただきます。

■リアバンパーへお名前(本名あるいはハンドルネーム)を掲載させていただいてもよろしいでしょうか?(必須)

1万円コースをお申込みの方はNGにチェックを入れてください。
OKNG

掲載OKの場合、掲載名をご入力ください

※OKをチェックされた方でご入力がない場合は本名にて掲載させていただきます。

■コメントがありましたらぜひお願いします

※ mCtrよりお振込先などをメールにてご連絡差し上げます。

担当:mCtr Rally Team事務局 藤本(フジモト)mail:rdrc@mcrt.jp

 

mCrt_abarth_partnershipprogram2016

↑ 企業様向け、Partnership Programとなります。
画像をクリックするとPDFが開きます。